2006年07月30日

「シー・アイ・シー通信」2006年6月号

【コミュニケーション】

 私たちの未来、オーナー様、入居者、そして管理会社にとって、この先どのようなビジョンを持つことが、互いを活かしあえる関係を生み出していけるのでしょう。

むろん今までもそのような思いで長い年月、仕事に精を出してきたわけですが、私たちを取り巻く環境が大きく変わってしまった現在、そのビジョンもまた大きく変わらざるを得ません。

一つ確かなことは、その中心となる物件の商品としての価値を、いかに長年に渡って保ち続けるかが大きな課題となります。

 それはまず物件の耐用年数であり、物件のある場所、街の発展と変化に合わせた利便性であり、その時々の入居者が求める設備への対応であったりします。

また個人情報に関する法的環境の変化、建造物に関する条例の変更など、法的環境も長い間には変化してゆきますので、事前に全てを想定することは不可能だと言えるでしょう。

しかし、そうであっても、時代の流れはより消費者、サービスの受け手である入居者を中心に再編される方向にあると言えます。

 物件を作れば埋まった時代は過去のものとなりました、空き室対策は私たちが抱える大きな問題です。

集合住宅として長い間魅力を保ち、消費者が優先的に選択する物件作り。

それはどうしても使う材質から設計から、より経費のかかるものとなりますが、長いスパンで考えれば避けられないものだと言えるでしょう。

私たちはオーナー様に、その具体像を提案する役割を担っています。

それは物件だけの問題ではありません。オーナー様、入居者、そして管理会社というトライアングルを、固定観念にとらわれることなく常に創造的に模索していくことが求められています。

 むろん答えは一つではなく、それを構成する人間は多種多様、一律に「オーナー様」「入居者」などと括弧でくくれるほど単純ではありません。

しかしまたビジョンもなく、その場その場、日々の業務に追われた対症療法だけでは立ちゆかなくなるのは目に見えています。

 互いが今一度立ち止まって未来を見据える。

さまざまな立場から知恵を出し合い、最良の選択を模索する。

「コミュニケーションの時代」といわれ、沢山の情報が流されてはいますが、本当にやり取りしたい言葉というものはそう多くはありません。

皆様の大いなる知恵をお聞かせ願えればと考えています。
 
 株式会社 シーアイ・シー
 代表取締役社長 及川征志
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

株式会社シー・アイ・シーグループのHP一覧(下記の一覧をクリックすればHPが見れます)

NEW株式会社シー・アイ・シーHP目

NEW宇都宮マンスリーHP目

いい気分(温泉)ペット温泉アニマー湯宇都宮店HP目

ドコモポイントペット温泉アニマー湯宇都宮店ブログ目

NEW株式会社シー・アイ・シー横浜エリアHP目

家アパマンショップたまプラーザ店ブログ目

東急田園都市線たまプラーザ駅 國學院大學生協指定店

soonたまプラーザ店場所目

家アパマンショップセンター北店ブログ目

横浜市営地下鉄線センター北駅
 
soonセンター北店場所目

家アパマンショップ今泉店ブログ目

家アパマンショップ宿郷店ブログ目

家アパマンショップ駅前通り店ブログ目

家アパマンショップ戸祭店ブログ目

家アパマンショップ駅東大通り店ブログ目

家アパマンショップ陽南店ブログ目

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
posted by 社長 at 13:52| ☔ | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月06日

「シー・アイ・シー通信」2006年5月号

「スタッフ教育の課題」

「組織」「人」で成り立っています。

 いかに「人を育てる」かはどの企業においても、常に突きつけられている課題です。私たちの会社でも毎年、その為に様々な試みがなされています。

 集合住宅等の物件を入居者に紹介するという仕事は、昔はそこに登録されている物件の中から入居希望者が選ぶというものでした。しかし現在はインターネットでの物件検索が基本となり、部屋探しは個々の会社の登録物件を離れ、場所、値段、間取り、設備など、それぞれの条件を打ち込んで、それを満たすデーターをリストアップすることが出来ます。他のサービス会社の管理物件なども平行して調べることが出来るため、ますます条件を満たす物件は増えていきます。

 これは入居希望者にとっては便利な環境なのですが、そうなってくると今度は、いったい「何を基準」にそれを選べばいいのかという問題に直面します。選択肢がありすぎるというのも、「迷い」や「とまどい」をもたらすものです。条件にあった物件の絞り込みが課題となってくるのです。

 その時に「入居希望者の気持ち」になって、また物件を提供している「オーナー様の立場」にもなって、膨大な情報の中から「あなたが本当に求めているのはこれではないですか」と、その迷いを払拭し、一歩後押ししてやるのが、相談を受ける「スタッフの役割」です。

 人は十人十色、ワンパターンな接客では、その「微妙な心の動き」を捉えることは出来ません。プロとして、入居者の心理、そして環境を知り尽くした「説得力のある提案」、入居者が自覚していない心理の裏、求めるもののその先、それをはっきり形としてとらえ示すこと、それをするのが「私たちの役割」です。

 「相手の立場」に立ってものを考える。その時に自分というものはじゃまになるといえます。自分の物差しが先にあると、取りこぼすものが出てきてしまうのです。まず自分を否定することから相手の気持ちを理解することが出来、「学ぶ」という気持ちが生まれてくるのでしょう。

 そういった「人材を育てる」ためにはどういった「カリキュラム」を持てばいいのか?

 店長という立場の「指導者」は、スタッフを常にそのような「目的」に添ってリードしなければなりません。また私たちにはその支店長クラスの「人を育てる」という「課題」もあります。より「高度な人心掌握」が求められ、より「深い理解」「洞察」が管理職としての必要な能力です。それは「一朝一夕」に身に付くものではないのです。「学ぶこと」に終わりはありません。

 株式会社 シーアイ・シー
 代表取締役社長 及川征志


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

株式会社シー・アイ・シーグループのHP一覧(下記の一覧をクリックすればHPが見れます)

NEW株式会社シー・アイ・シーHP

NEW宇都宮マンスリーHP

いい気分(温泉)ペット温泉アニマー湯宇都宮店HP

ドコモポイントペット温泉アニマー湯宇都宮店ブログ

NEW株式会社シー・アイ・シーたまプラーザ店HP
東急田園都市線たまプラーザ駅 國學院大學生協指定店

家アパマンショップたまプラーザ店ブログ

家アパマンショップ今泉店ブログ

家アパマンショップ宿郷店ブログ

家アパマンショップ駅前通り店ブログ

家アパマンショップ戸祭店ブログ

家アパマンショップ駅東大通り店ブログ

家アパマンショップ陽南店ブログ

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
posted by 社長 at 00:00| ☔| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月05日

「シー・アイ・シー通信」2006年4月号

「新入社員を迎えて」

新年度を迎え、我が社にも多くの新人が入社してまいりました。

 今までの「学生としての生活」と「社会人との暮らし」には、大きなギャップがあります。

 家庭や学校で、自分の都合が優先して来れた暮らしのあり方から、「お客様」という他者の都合が優先する会社という組織のあり方への転換と言えますが、これはものの考え方、発想を、大きく百八十度変えることでもあります。
 
 当然この変化にストレスを抱く人もいるでしょう。頭で分かっていても、現場の仕事を通じて求められる適切な対処は、なかなかすぐに身に付くというものではありません。とまどいや試行錯誤を繰り返し、「失敗」の中から「明日」につながる様々なものを発見していく。その作業に終わりはないのです。

 ベテラン社員になっても、これでいいというものはありません。もっと違った答えがあったのではないか、もっと違った意味があったのではないかと思いをめぐらすことに終わりはないのです。

 ちぐはぐな日常が続くでしょう。何が違っているためにそのような結果になるのかと考えあぐねる時がやってきます。その多くの原因は、自分に降りかかってくる事柄の原因を「外に求める」ところから来てると言えます。身の回りで起きている現象は、実は「自分が原因」で起きてくるのではないかと気づくことから、「相手本位」の発想が生まれてくるのです。その為にはまず自分が変わらなくてはなりません。

 「学生時代」から「社会人」になる。一生の内においてもこの瞬間が、最も切実で具体的な「自己変革」を要求される大切な機会だといえます。

 この時間の使い方が、その人の一生を決めてしまうかも知れません。誠実に全身全霊で目の前にあるものに向き合い、とことん考え尽くしてみる。一度は徹底して考え抜く。この事がその後の仕事や人生において、どれほど「大きな財産」になるか分かりません。全力で仕事にぶつかる、それによって「自分の限界」が初めて分かるのです。それを繰り返していけば仕事の輪郭もつかんでいけることでしょう。

 世間的な常識と、頭で考えた真実とは同じではありません。状況に応じて適度に使い分けるためにも、「自分の輪郭」「仕事の輪郭」を把握することが不可欠なのです。そんな課題を持って、これから仕事にぶつかっていって欲しいと思います。

株式会社 シー・アイ・シー
代表取締役社長 及川征志

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

株式会社シー・アイ・シーグループのHP一覧(下記の一覧をクリックすればHPが見れます)

NEW株式会社シー・アイ・シーHP

NEW宇都宮マンスリーHP

いい気分(温泉)ペット温泉アニマー湯宇都宮店HP

ドコモポイントペット温泉アニマー湯宇都宮店ブログ

NEW株式会社シー・アイ・シーたまプラーザ店HP
東急田園都市線たまプラーザ駅 國學院大學生協指定店

家アパマンショップたまプラーザ店ブログ

家アパマンショップ今泉店ブログ

家アパマンショップ宿郷店ブログ

家アパマンショップ駅前通り店ブログ

家アパマンショップ戸祭店ブログ

家アパマンショップ駅東大通り店ブログ

家アパマンショップ陽南店ブログ

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

posted by 社長 at 16:15| ☔| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月15日

「シー・アイ・シー通信」2006年3月号

早朝、私は犬を連れて河川敷を散歩するのを毎日の日課としています。人間社会というものは誰でも少なからず悩みにとらわれており、競争があり争いがありとストレスのない日はありません。人間が人間の中にいる時には、誰もがいつでもどこか心が張りつめ、心を緩やかに解き放つ瞬間など、そうあるものではありません。

ところが犬と接していると、そんな人間関係の中で身構える習性がほぐれていくような、独特の安らぎを与えてくれるのです。現代社会は常に人に休むことのない緊張を強いています。それをゆるめ、次への活力を蘇らせるためにも、ペットというものの持つ大きさを実感するようになりました。ペットの存在はさりげなく、家族の中でも互いの関係をなめらかにし、絆を強めるような役割を果たすのでしょう。

新聞紙面では殺伐とした事件が、毎日のように伝えられてきます。子ども達が勉学にいそしむ学校、地域、家族で、まったく考えられないような出来事が起こります。半世紀続いていた経済成長、固定化されてきた核家族化。家族の中でも人と人との結びつきは、時代と共に大きく変化しています。ペットはそんな時代の変化に追い回される人々の、心の空白を埋めるために必要とされているのです。

私たちの経営の一角に「ペット事業」がありますが、需要は年々高まり、多くのお客様に利用されるようになりました。今後もより充実したサービスの提供が課題となっています。

話は変わって現在私たちは「マロニエ研究会」を発足させました。この会はオーナー様同士の情報交換をより密にし、共通して抱える問題を、互いの知恵を絞って解決しようと言う趣旨で運営されています。

 経済成長率の低下、少子化と、世の中の動きはこの10年で大きく様変わりしてしまいました。オーナー様が所有している物件の入居率を上げるという課題も、それぞれの空き物件の置かれている状況をよく分析しながら、より良い方策を探していくわけです。その為にはより多くの人のアイデア、考え方を取り入れていく必要があり、その交流の場としてこの会があります。

 活動内容としては、今まで互いの置かれている状況を把握するために行われた報告会という役割から、一歩踏み出すような取り組みをしたいと考えています。それは行政への具体的な提言などを含め、社会資源を有効に活用するという視点で、民間と行政の相互協力、相互乗り入れを視野に入れたものといえます。それを実現させるために、会員皆様のさらなる取り組みをお願いする次第です。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

株式会社シー・アイ・シーグループのHP一覧(下記の一覧をクリックすればHPが見れます)

NEW株式会社シー・アイ・シーHP

NEW株式会社シー・アイ・シー採用HP
2006年3月17日 横浜会社説明会(横浜ランドマークタワー25階)
2006年3月23日 宇都宮会社説明会(本社大会議室)

NEW宇都宮マンスリーHP

いい気分(温泉)ペット温泉アニマー湯宇都宮店HP

ドコモポイントペット温泉アニマー湯宇都宮店ブログ

NEW株式会社シー・アイ・シーたまプラーザ店HP
東急田園都市線たまプラーザ駅 國學院大學生協指定店

家アパマンショップたまプラーザ店ブログ

家アパマンショップ今泉店ブログ

家アパマンショップ宿郷店ブログ

家アパマンショップ駅前通り店ブログ

家アパマンショップ戸祭店ブログ

家アパマンショップ駅東大通り店ブログ

家アパマンショップ陽南店ブログ

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

posted by 社長 at 13:52| 🌁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月06日

「シー・アイ・シー通信」2006年2月号 

一つのトラブルにも、話し合いで解決する、お金で解決する、責任逃れをする、トラブルが起きないような仕組み作りに力を入れるなど、その対処の仕方はさまざまです。これは個人の解決能力の是非ばかりでなく、社会の風土、企業の思想と大きく関わっているものです。

勝ち組負け組という言葉で、企業の業績や個人の能力を色分けする風潮が強ま
る中、世の中では子どもやお年寄りなどの弱者を傷つける事件が繰り返されてい
ます。

 一億総中流といわれた時代は過ぎ去って、経済的な格差が広がる世の中へと移
り変わってきました。バブル後の日本はどこか社会的なゆとりを失ってきている
といえます。

 近代の劇的な先進国の発展は、資本主義と競争メカニズム故に可能となったわ
けですが、日本という国がそのような社会のあり方を採用してから、そう長い時
間が過ぎたわけではありません。欧米の先進的なシステムは、常に日本風にアレ
ンジされて、社会の中に生かされてきました。しかし最近は日本風にアレンジす
るというゆとりを失い、訴訟社会アメリカのように、直接優劣を競い合うような
場面が多く出てきたと言えるでしょう。そういうものは本当に私たちが望んだも
のだったのでしょうか。

 会社の構成員である社員の働きについても、個人主義、成果主義を全面に押し
出し、有能な社員のレベルをより上げることに力を入れることと、成績の上がら
ない社員も成果が上がるようなアプローチに力を入れることとは、どちらが長い
目でみて企業にとっていいことなのでしょうか。企業としての平均値を上げるこ
と、そして各構成員がいかに自分の仕事に満足できるようになるかが大切です。
顧客とのやり取りから人生を学んだりアイデアを生み出したりするためには、ギ
リギリと限界近くまで競い合う状況より、ある程度の心のゆとりが必要とされる
のです。しかし欧米が牽引する資本主義のメカニズムには、そういった、いわゆ
る「遊び」的なものは、原則として入ってはいません。あくまで淘汰されること
でバランスが取られるという考え方に立っています。

 二つの大戦を経験し、戦後も半世紀を過ぎました。私たちは今、本当に必要な
ものは何なのか、その為に世の中の仕組みはどうならなければならないのか、ど
んな地域、どんな町、どんな国になって欲しいのかと、原点に帰って考え直す時
期に来ています。GNPが高くてもそれがそのまま幸福の指標にはならないのだ
と言うことを、私たちはこの繁栄の中で学んできました。多くの格差や、弱者を
傷つけるような貧しさを同時にそれは生みだしているからです。

 一つのトラブルの対処にも、そういった社会の倫理というものが出てきてしま
います。話し合いで解決する、お金で解決する、責任逃れをする、トラブルが起
きないような仕組み作りに力を入れるなど、それは個人の解決能力の是非ばかり
でなく、社会の風土、企業の思想と大きく関わるものです。もっと広い視野で、
今を見つめ直す必要があるのでしょう。


2006年2月10号より

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

株式会社シー・アイ・シーグループのHP一覧(下記の一覧をクリックすればHPが見れます)

NEW株式会社シー・アイ・シーHP

NEW株式会社シー・アイ・シー採用HP
2006年3月17日 横浜会社説明会(横浜ランドマークタワー25階)
2006年3月23日 宇都宮会社説明会(本社大会議室)

NEW宇都宮マンスリーHP

いい気分(温泉)ペット温泉アニマー湯宇都宮店HP

ドコモポイントペット温泉アニマー湯宇都宮店ブログ

ビル宇都宮大学新入生HP
2006年4月2日まで開催中!

NEW株式会社シー・アイ・シーたまプラーザ店HP
東急田園都市線たまプラーザ駅 國學院大學生協指定店

ビル國學院大學新入生HP
2006年3月26日まで開催中!

家アパマンショップたまプラーザ店ブログ

家アパマンショップ今泉店ブログ

家アパマンショップ宿郷店ブログ

家アパマンショップ駅前通り店ブログ

家アパマンショップ戸祭店ブログ

家アパマンショップ駅東大通り店ブログ

家アパマンショップ陽南店ブログ

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
posted by 社長 at 20:24 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。