2008年03月17日

【人の出会いを大切に】

 私たち賃貸物件の管理業において、各店舗の責任者であるそれぞれの店長は、当社の業務を牽引していく立場です。これを担う人間の質が、そのまま我が社の質なのだと言えます。

 人は出会って20分で、好感を持つか嫌悪感を持つか無関心になるかと、心が動くと言われます。ちょっとした言葉のやり取り、気配り、相手の立場に立った視点の有無、それが瞬時に相手に判定されてしまうのです。この分岐点はその後、とても大きな結果となって帰って来る事でしょう。サービス業に携わっている人たちは、これをしっかり認識し、その効果的な対応を身につけて行かなくてはなりません。その為には、常に自分が最前線に立って、自分がこの仕事を、この会社を代表しているという気概を持つことが必要です。
ラベル:出会い
posted by 社長 at 07:56| ☁ | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。