2007年09月10日

仕事と自分の人生を同じ目線で捉える発想

 会社組織というものも常に試行錯誤しなければなりません。現在の会社はアウトソーシングを取り入れたネットワーク化が一般的になりました。私たちも固定観念に囚われることなく、より現場の声を吸い上げて顧客の要望がタイムリーに反映する仕組みを作らなければならないのです。管理部門の機能を強化することで、オーナー様の潜在的要求に応えられる人材を育てる事が大きな課題です。

 若い新人にとっては、仕事を通じて自分が成長する姿を喜んでくれるような顧客を見つけることが大切です。オーナー様とは何十年という、賃貸物件の耐用年数分の長いお付き合いをすることになりますが、その為には目先の課題だけを追っていたのでは駄目です。長いスパンでの信頼関係の構築が求められるのですが、これはマニュアルを読んだからと言って身に付くものではないでしょう。相手様のことを一生懸命考え、それが小手先のもので無く、より本心であるなら、自ずと気持ちは伝わっていくものです。その為にも普段から自分を磨く努力が大切で、仕事と自分の人生を分けて考えているようではその答えにたどり着けないでしょう。

 上司は上司としての責任を自覚する。ですが部下は部下としての立場に甘んじて指示を待つようでは発展はありません。誰もが当事者意識を持ってより良い仕事の実現を考え続けることがオーナー様の求めるものを実現することになっていくのです。

posted by 社長 at 13:34| ☁ | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月02日

常に原点に立ち返って役割を洗い直していく

 激変する時代の変化に正面から向き合うためには、自分たちは一体どこにいるのかという認識がとても大切になります。ややもすると目先の変化に惑わされ、本質からはなれてしまうものです。不動産物件を所有するオーナー様の集合住宅という資産を最大限のものにする為に、その変化を見極め、迷いのない積極的な働きかけがとても重要な課題となっています。
 その為には過去の成功例に惑わされることなく、常に入居者様とオーナー様と管理会社という原点に還り、オーナー様を中心とした自分たちの立場を洗い直さなければなりません。皆様に必要とされる力を育んで行かなければならないのです。
 地域の発展とはまず顧客の利益を確保することであり、その仕事を通して自分たちの役割を確立していくことです。会社の利益だけを考えていたのでは、そういった地域の力を育てることにはなりません。賃貸事業を中心とした関係者が、共に繁栄するためにどのようなネットワークを構築していくのか。その為にはより広い視野と深い問題意識が求められるのです。
posted by 社長 at 11:07| ☔ | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。