2007年04月01日

【シー・アイ・シー通信】互いを育て会う 緊張感のある職場

【互いを育て会う緊張感のある職場】

 戦後の私たちの社会は、人と人との関わり合う基準が、ずいぶんあいまいになってしまいました。家族同士であっても、互いの関係を上手く調和出来ないケースが増えているのです。
意見の食い違いや衝突を避け、ただ仲のいい雰囲気だけが目的になってしまうような家族が多く見受けられます。

 人と人は「和」の心で結びつき、互いを活かそうとするものです。ですが、ただ無批判に受け入れるだけでは、お互いにとってマイナスになる場面もあるのです。

 和して同ぜず、和は大事だが意見の違いはいいことだと、互いを生かし合い、認め合うという本当の意味の、良い関係性が大事だと言うことです。個性を殺してしまうような仲良しクラブでは意味がないのです。

それが企業であるならなおさらで、人間関係の質はそのまま企業の質でありレベルになってしまうのです。

株式会社 シー・アイ・シー
代表取締役 及川征志
posted by 社長 at 14:18| 🌁 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。