2006年07月30日

「シー・アイ・シー通信」2006年6月号

【コミュニケーション】

 私たちの未来、オーナー様、入居者、そして管理会社にとって、この先どのようなビジョンを持つことが、互いを活かしあえる関係を生み出していけるのでしょう。

むろん今までもそのような思いで長い年月、仕事に精を出してきたわけですが、私たちを取り巻く環境が大きく変わってしまった現在、そのビジョンもまた大きく変わらざるを得ません。

一つ確かなことは、その中心となる物件の商品としての価値を、いかに長年に渡って保ち続けるかが大きな課題となります。

 それはまず物件の耐用年数であり、物件のある場所、街の発展と変化に合わせた利便性であり、その時々の入居者が求める設備への対応であったりします。

また個人情報に関する法的環境の変化、建造物に関する条例の変更など、法的環境も長い間には変化してゆきますので、事前に全てを想定することは不可能だと言えるでしょう。

しかし、そうであっても、時代の流れはより消費者、サービスの受け手である入居者を中心に再編される方向にあると言えます。

 物件を作れば埋まった時代は過去のものとなりました、空き室対策は私たちが抱える大きな問題です。

集合住宅として長い間魅力を保ち、消費者が優先的に選択する物件作り。

それはどうしても使う材質から設計から、より経費のかかるものとなりますが、長いスパンで考えれば避けられないものだと言えるでしょう。

私たちはオーナー様に、その具体像を提案する役割を担っています。

それは物件だけの問題ではありません。オーナー様、入居者、そして管理会社というトライアングルを、固定観念にとらわれることなく常に創造的に模索していくことが求められています。

 むろん答えは一つではなく、それを構成する人間は多種多様、一律に「オーナー様」「入居者」などと括弧でくくれるほど単純ではありません。

しかしまたビジョンもなく、その場その場、日々の業務に追われた対症療法だけでは立ちゆかなくなるのは目に見えています。

 互いが今一度立ち止まって未来を見据える。

さまざまな立場から知恵を出し合い、最良の選択を模索する。

「コミュニケーションの時代」といわれ、沢山の情報が流されてはいますが、本当にやり取りしたい言葉というものはそう多くはありません。

皆様の大いなる知恵をお聞かせ願えればと考えています。
 
 株式会社 シーアイ・シー
 代表取締役社長 及川征志
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

株式会社シー・アイ・シーグループのHP一覧(下記の一覧をクリックすればHPが見れます)

NEW株式会社シー・アイ・シーHP目

NEW宇都宮マンスリーHP目

いい気分(温泉)ペット温泉アニマー湯宇都宮店HP目

ドコモポイントペット温泉アニマー湯宇都宮店ブログ目

NEW株式会社シー・アイ・シー横浜エリアHP目

家アパマンショップたまプラーザ店ブログ目

東急田園都市線たまプラーザ駅 國學院大學生協指定店

soonたまプラーザ店場所目

家アパマンショップセンター北店ブログ目

横浜市営地下鉄線センター北駅
 
soonセンター北店場所目

家アパマンショップ今泉店ブログ目

家アパマンショップ宿郷店ブログ目

家アパマンショップ駅前通り店ブログ目

家アパマンショップ戸祭店ブログ目

家アパマンショップ駅東大通り店ブログ目

家アパマンショップ陽南店ブログ目

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
posted by 社長 at 13:52| ☔ | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。